病院案内

定期的な健康診断をおすすめします!

定期健診

動物たちは初期症状を表に出すのが苦手で、 どんなに可愛がってても初期症状に気づかない、気づけないことが多々あります。 また目に見えない部位の腫瘍等は初期の段階では、まず検査しないと発見できません。

人では病気の早期発見は当たり前の考え方になっていますが、 残念ながら動物病院で診る病気は進行しているケースが多いのが現状です。
何とかして早期発見できないものかと思ってからは、 来院される飼い主様に定期健診の重要性をお話するようにしています。

今まで、 無症状で健康と思われ る子に健康診断をして見つけた病気の一部をあげると、肺腫瘍、脾臓腫瘍、肝臓腫瘍、腹腔内精巣腫瘍、 卵巣子宮疾患、前立腺疾患、胆嚢疾患、膀胱腫瘍、膀胱結石、腎結石、尿管結石、 心疾患、腎機能低下、肝障害、甲状腺機能低下症、 甲状腺機能亢進症など多々あります。

もちろん全てが治療対象になるものではなく、すぐ診断、 治療が必要になるものから経過を観察しながら治療を考えていくものまで様々です。

ではいつから健康診断を受ければ良いのでしょうか?

一般的には5~6歳をすぎたら年に1~2回、 10歳を過ぎたら年に2~3回くらいと言われています。

付け加えれば、 5歳以下でも年に一回は健康診断を受けたほうが良いと思われます。
(先天性疾患やミニチュアダックスの若齢の悪性リンパ腫等若くても発生する悪性腫瘍等があるため)

健康診断と言ってもいったい何をするのでしょうか?

以下のものがあげられます。

健康診断一覧

全部するの?そんなことはまずありません。

大事な事は、わんちゃん・ねこちゃんの年 齢、犬種、 病歴等に加え飼い主様の考え方・希望を尊重し、十分なお話をしたうえで、 何の検査を組み合わせていくかを決定します。
もし異常が認められた場合の追加検査もお話をした上で実施します。

健康診断に関しては、基本的に予約制となっておりますので、 事前にご連絡ください。

大切な家族と少しでも長く健康で幸せな日々を送るために… そのためのひとつの行事みたいなものだと 考えていただければ良いと思います。
これを機に定期的な健康診断を受けてみませんか?

診療案内

ペットホテル 診療スケジュール 手術 皮膚病
問診表 診療時間
オンライン予約