病院案内

避妊・去勢手術(犬、猫)

避妊・去勢手術は病気の予防、発情時のストレス減少など犬や猫にとって必要なものです。
種別・健康、成長状態により最適な時期でおすすめしています。

避妊・去勢手術により様々な予防効果が期待できます。

雌犬

  • 発情時の出血がなくなる、発情に伴うストレスからの解放
  • 偽妊娠などの行動がなくなる
  • 卵巣、子宮疾患の予防
  • 乳腺腫瘍の発生の減少

避妊手術の時期と乳腺腫瘍の予防効果には以下のような報告があります。(犬は50%が悪性)

初回発情前 予防効果99.5%
1回発情後 予防効果92.0%
2回発情後 予防効果74. 0%
2.5歳以降 予防効果0%

よって当院では4~6ヵ月齢での避妊手術をおすすめしております。

雄犬

  • 精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、前立腺疾患、会陰ヘルニアなどオス特有の病気の予防
  • 発情のストレスがなくなる
  • 攻撃性の低下
  • マーキング、マウンティングの減少

より効果的な結果が出るように当院では4~6ヶ月齢での去勢手術をおすすめしております。

雌猫

  • 望まない妊娠を防ぐことができる
  • 発情時の鳴き声がなくなる
  • 卵巣、子宮疾患の予防
  • 乳腺腫瘍の発生の減少(猫では90%以上が乳腺ガン

避妊手術の時期と乳腺腫瘍の予防効果には以下のような報告があります。

6ヵ月齢まで 予防効果91%
7~12か月齢 予防効果86%
13~24ヵ月齢 予防効果11%
24ヵ月齢以降 予防効果0%

よって当院では4~6ヵ月齢での避妊手術をおすすめしております。

雄猫

  • オス特有の病気になる確率の低下
  • 発情のストレスがなくなる
  • 望まれない繁殖を防ぐことができる
  • 攻撃性の低下(性格が穏やかになる)
  • マーキングの減少

より効果的な結果が出るように当院では4~6ヶ月齢での去勢手術をおすすめしております。

※避妊、去勢手術をすると太りやすい体質になる為、注意が必要になります。通常は適切なフードの給餌で予防できます。気軽にご相談下さい。
また避妊、去勢手術は予約制のため事前にお問い合わせください

※当院では手術のリスクをできる限り減らすために、術前の検査(血液検査、レントゲン検査など)を提案させていただいています。

診療案内

ペットホテル 診療スケジュール 手術 皮膚病
問診表 診療時間
オンライン予約